アトピー性皮膚炎の要因について

アトピー性皮膚炎の原因がなんなのかという事については、現在の医学においてもハッキリと解明されていないのが現状です。 アトピー性皮膚炎は、遺伝子による体質的なものだけでなく、生活環境なども大きく関係していると考えられています。

 

アトピー性皮膚炎を発症してしまう要因については、アレルギー的な要因と、非アレルギー的要因があると考えられていて、この2つの要因が、アトピーの症状を悪化させてしまう原因であるといわれています。 アトピー皮膚炎を発症する人の多くは、何らかのアレルギーがあることがわかっています。 自分がアレルギーを持っているかどうかを調べるには、クリニックなどでアレルギーテストをすると知ることができます。

 

アレルギーテストの種類としては、「ブリック法・スクラッチ法」「パッチテスト」「皮内法」「血液検査」などがあり、費用も100円~600円程度で受けることができます。 また、アレルゲンの種類もたくさんあります。 主なアレルゲンには、ハウスダストやダニ、カビ、花粉、卵、牛乳などがあります。 アトピー性皮膚炎の方のアレルゲンで最も多いのは、ハウスダストとダニですので、こまめに掃除をすることが重要です。 アレルゲンを少しでも除去して、症状を改善できるようにしましょう。